栄養相談

Nutrition Counseling

てくてく動物病院では、ワンちゃん・ネコちゃんの栄養相談の受付をしています。 ご希望があれば、奈良先生を紹介します。
ペット栄養士の先生と一緒に、食事管理をサポートしましょう。
食事管理についての質問や疑問がありましたら、お気軽にご相談ください。

//tekuteku.vet/wp-content/uploads/2018/10/photo-1-e1539852405894.jpg

奈良なぎさ

ペット栄養コンサルタント

「「New York School of Dog Grooming」(アメリカ)、「The British Institute of Homeopathy」(イギリス)、「Scholl of Nutrition Science 」(アメリカ)を経て「Clayton College of Natural Health」(アメリカ)にて「Holistic Nutrition」学士、修士取得。
ペット栄養管理士、認定動物看護師、臨床栄養指導、認定動物看護師1級。
12年間、板橋区の動物病院でペット栄養コンサルタントとして勤務後、2013年よりペットベッツ栄養相談(PetVets’Nutritional Counsel)を主催。主に動物病院の獣医師、看護師、クライアントの栄養相談を行う。中央動物専門学校他で講師を務めつつ、テレビやラジオ番組、雑誌連載など多岐にわたり活動。著書に「犬と猫の栄養学」(緑書房)「肥満犬、老犬のためのヘルシー手作り犬ごはん」(ブティック社)など多数。
日本ペット栄養学会、病態栄養学会、American Academy of Veterinary Nutritionに所属。

  • 日本ペット栄養学会
  • 病態栄養学会
  • American Academy of Veterinary Nutrion

  • 愛情いっぱい 愛犬のごはん
  • 肥満犬・老犬のためのヘルシー手作り犬ごはん
  • 楽しく作るカンタン60レシピ 愛犬のおやつ など

  • 犬の気持ち
  • シーバ
  • チワワスタイル
  • コーギー
  • プードル
  • ダックススタイル
  • ペチャ など

セミナー、講演、テレビ出演、ラジオ、翻訳など

食事についてのご質問とその回答

質問1◆現在減量を目的でドッグフードに野菜(ゆでにんじん)を混ぜて食べさせている。どのくらいの量を与えれば良いのか知りたい。

一般的に、食物繊維の多い野菜(にんじん、ブロッコリーなど)は、ゆでてみじん切りにした量がドッグフードの見た目の量の1割。葉野菜(キャベツ、白菜など)は、ドッグフードの見た目の2割以内を目安にしてください。
ただし、現在与えているドッグフードも繊維質が多い場合は、ドッグフード中の栄養が便の中に多く排泄されてしまうので、ドッグフードがすでに減量用、シニア、ライトなどである場合は混ぜないことをお薦めします。
また、にんじんは、すりおろして使用しないと腸を刺激して便に出ているだけになります。未消化のにんじんが便中に混ざっていないか見てみましょう。

質問2◆野菜を混ぜる場合の割合。野菜を与える必要性は何か。

混ぜる割合は質問1の回答と同じです。
必要性はドッグフードを主食としている場合特にありませんが、おやつとして上手に利用すると低カロリーでヘルシーなおやつになります。果物も同様です。*健康上特別な栄養素に制限がある場合を除きます。

例)スティックにんじん+カッテージチーズ
 りんご+ヨーグルト  ミニトマト+クリームチーズ など

質問3◆いつも同じフードをあげていますが、たまには変えたほうが良いのでしょうか?

ペットフードは、それぞれ栄養構成に特徴があり、良い部分と悪い部分があります。悪い部分(たとえば高脂肪である)などを薄めるために、同じ目的(維持期など)の別の高品質な商品に変えるという給与方法もOKです。
たとえば、春~夏は必要なエネルギー量が下がるので低脂肪系フードに、秋から冬はもう少し栄養濃度の高いフードへという切り替えも可能です。ただし、切り替え時には次のことに注意をしてください。
 ★切り替えに1週間はかける
 ★給与量の変化に気を付ける
 ★問題がない限り同じフードを3か月は継続し、便や健康状態の違いを観察する

質問4◆夏など、人間のようにイオン飲料などは必要ないのでしょうか?

犬や猫は、ヒトのように体温を調節するために人のように全身から汗をかきません。それができるのはパットの裏にある汗腺だけです。そのため、ヒトのイオン飲料のような塩分や糖分が高すぎて犬や猫には適していません。
その代わりに、スイカやなしなどビタミンやミネラルを含み、自然な糖分を含む果物は夏の水分補給のおやつとして適しています。ただし、食物繊維を含むため、便が緩くならない程度の量で与えましょう。

質問5◆適正量(フード?)の目安はどのように考えれば良いのでしょうか?

一般的にはそれぞれのフードの体重あたりの給与量を目安に、体重が増える、残すようなら減らし、体重が減る、食事が足りなそうだの場合は増やし、健康状態が維持できる給与量を探します。給与量の指示はフードごとにことなるので、フードを変えたら必ずチェックしましょう。ただし、おやつを与える場合は、その給与量から約1割を引いた量で、食事+おやつで適正な体重が維持できるように食生活を組んでいきます。
それぞれの犬や猫に適した給与量は現在の体重と体型、健康状態をもとに計算で出すのが一番正確なので、動物病院で聞いてみましょう。