眼の中には、眼房水という液体が存在しています。その主な働きは、眼の各部位へ酸素や養分を運搬することや、老廃物を除去することです。また、眼球内の圧(眼圧)を保ち、眼球の形を保持する役割も担っています。(それには、硝子体という部位も関係しています。)眼房水の産生量と排出量が一定であることは、眼圧を保持するために重要なことです。様々な理由から、その排出量が減少すると、眼圧は上昇します。

犬の緑内障は、眼圧上昇が主な原因となり、視覚障害が進行していく病気です。緑内障には、原因に伴って二次的に眼圧が上昇する場合と、もともと素因を持っているワンちゃんが発病してしまう場合があります。主な初期症状は、眼の充血、涙の増加、眼をしょぼしょぼする、こするなどの違和感や、眼の痛みを訴えることなどです。もしも、高い眼圧のまま、1日以上経過してしまうと、視覚を喪失してしいます。そのため、緑内障の発症に気が付いた際には、すぐさま、治療を開始する必要があります。ただ、早期治療が功を奏するとは言いきれないこと、かかりつけ医での治療だけではうまくいかない場合も多いことなどから、ご家族の方は、施設ごとの治療方針や、可能な治療法について、十分な説明を受けなければなりません。現在では、獣医眼科専門医による努力の結果、眼圧や視覚の保持が可能となるワンちゃんも増えてきているようです。

緑内障のワンちゃんを診察する際、まずは全身状態とともに、眼圧上昇の原因を考えます。原因が判明すれば、その治療法を検討します。また、かかりつけ医での治療がどこまで可能かどうか、も判断します。原因が不明な場合や、かかりつけ医での治療に限界がある場合、特に外科治療が必要となる場合には、専門医へ受診するかどうか、について、ご家族と相談します。ただ、専門医のほとんどは、予約制のため、すぐに受診できるとは限りません。それまでは、かかりつけ医でできる範囲の治療を行い、眼圧をコントロールする努力を続けます。かかりつけ医における一般的な治療は、眼圧降下作用のある点眼薬のうち、最も適したものを選択して、使用することです。必要で可能ならば、眼圧降下作用の期待できる薬剤を注射することもあります。もちろん、痛みの軽減や、併発症に対する治療も行います。また、他方の眼に、発症リスクがあると判断されれば、予防的な点眼を勧める場合もあります。すでに視覚を喪失し、回復の見込みがない場合は、眼球の形状を保持する方法を考えます。例えば、眼内へシリコンボールを挿入する手術などです。 本院では、専門医への受診を希望されない場合、点眼治療の継続、希望によっては、適応かどうかを吟味し、レーザー治療や、シリコンボールの挿入、眼内への薬物注入を行います。実際には、点眼治療によって、視覚よりも、眼球形状の維持に努めるケースの方が多いです。

急な痛みとともに視覚を失うことに対し、ワンちゃんは不安を感じるでしょう。ご家族の方は、自身の不安な気持ちに加え、ワンちゃんに対し何をしてあげられるのだろうか、と悩みます。でも、ご家族の方は、ワンちゃんになるべく快適な生活をさせてあげられるよう、治療法や、ワンちゃんとの接し方、生活環境の管理などについて、獣医師とともに考えてあげることができるのです。