ホルモンは、身体機能を調節し、体内の状態を一定に保つように働いています。また、体内には様々な種類のホルモンが存在し、それらはお互いに影響し合っています。何らかの理由で、それらのバランスが不安定になり、病状が認められるようになることを、内分泌疾患と呼びます。甲状腺機能亢進症は、よく知られている、猫の内分泌疾患です。

甲状腺は、甲状腺ホルモンを作る組織で、首の気管にそって、左右に一つずつ存在しています。注意深く触っても、「これかなあ?」、というくらいの小ささです。甲状腺ホルモンは、全身のエネルギー代謝に深く関わっていて、新陳代謝を盛んにする手伝いしています。その結果、脳、心臓、胃腸などの働きを活性化します。

甲状腺機能亢進症では、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されることで、様々な病状を示します。例えば、「よく食べるわりに、痩せていて、毛質が悪い。」、「食欲にムラがあり、吐きっぽい、下痢をしやすい。」、「興奮しやすく、呼吸が早い。」、「機嫌が悪く、怒りっぽい。」、「水をよく飲み、尿量も多い。」、などです。中年齢以降での発症がほとんどのため、ご家族からは、病気ではなく、年を取ってきたせいだ、と判断されることも少なくありません。甲状腺の腫瘍が原因で起きることが多いと考えられていますが、腫瘍そのものが命に関わるというより、過量のホルモンによって起こる続発症(特に心臓や血管への影響)の方が問題になります。

この病気は、症状と甲状腺ホルモンの測定結果から診断されます。また、超音波検査や、必要性があればCT検査を追加します。甲状腺ホルモンは全身に影響を与えるため、また潜在的な疾患が治療の際に発症することがあるため、全身の各臓器(特に心臓、腎臓など)に対する評価も大切になります。ただ、結果として、確定的ではないが、甲状腺機能亢進症が疑われる、という場合にも多く遭遇します。つまり、ホルモンのアンバランスは存在すると思われるが、病気の診断を下せない、という猫ちゃんがいます。そのような場合は、継続的な検査も必要ですが、症状や全身臓器の評価に従って、必要な治療を行います。

治療は、甲状腺ホルモンを適度な量に調整することです。病変部位が明らかで、全身状態が可能であれば、甲状腺腫瘍の摘出手術が最良の方法と言われています。ただ、一般的には、内服薬の投与か、食事療法が選択されることが多いでしょう。しかし、内服薬が負担になる猫ちゃんや、食事療法が受け入れられない猫ちゃんも多く、また治療を受け入れられる猫ちゃんでも、ホルモンの量や症状が、なかなかコントロールできない場合があります。そのようなケースを含めて、甲状腺機能亢進症の治療の際には、続発症や併発症の管理や治療が重要です。

今回のお話で、私がお伝えしたいことは、ご家族に、この病気の存在とその症状について知っていただくことと、この病気に対しては、猫ちゃんの状態に合った治療目標を設定することが大切だということです。