最近は、猫にも糖尿病があることが、周知されるようになってきました。しかし、一緒に暮らしているおうちの猫ちゃんが、実際に糖尿病に罹患することを想像するのは難しいようです。そのため、全身状態が悪化してしまった後に、来院される場合も、少なくありません。糖尿病の猫は、飲水量と尿量が増える、と言う話は、よく耳にする情報だと思います。おうちの猫ちゃんを観察することで、なるべく早く病気に気がついてあげることは大切です。早期の診断と、治療開始によって、重篤な併発症を避けることができるでしょう。

糖尿病と診断された猫ちゃんには、獣医師の説明や指導のもと、インスリンの投与が必要になります。多くの場合、ご家族の方が、生涯にわたり、1日2回、決められた時間に、猫ちゃんへ注射を行わなければなりません。また、インスリンの種類や量による効果判定と、併発している疾患の影響などを考えつつ、治療内容を調整していかなければならないでしょう。上手に治療に入れたとしても、安定するまで、2カ月くらいは要します。また、その後の維持、併発症の治療や管理も重要です。そのため、治療に対して、難しい印象を持つ方も多いと思います。確かに、糖尿病を管理するには手間暇がかかります。しかし、それらが、ある程度うまくいけば、糖尿病の予後は悪くありません。なおかつ、一部の猫ちゃんでは、インスリン治療から解放されることもあるのです。 獣医師は、治療を成功させるために、猫ちゃんとご家族が受け入れられるように、焦らせず、何度も説明や、相談を繰り返していくことが大切だと思います。

糖尿病の猫ちゃんに治療を行わなかった場合、全身の代謝や維持機能は、徐々に損なわれてしまいます。その結果、体重の減少とともに、ひどい時には意識障害など、命に関わる状態に陥ります。そのような状態になると、入院による集中治療が必要になる上、全ての猫ちゃんが無事に退院できるわけではありません。

通常、多飲多尿などの症状が認められた時には、すでに糖尿病を患っているということになります。糖尿病は、その兆候に注意を払うことで、発病しないような、予防的対処ができるのでしょうか。定期的に尿検査や血液検査をすることで、より早期に糖尿病の傾向を認識することができるのでしょうか。現時点では、その質問に対し、明確にお答えすることはできません。 ただ、猫の糖尿病は、一般的に、中年以降の発生が多いこと、過体重や膵炎はリスク因子と考えられていることなどから、長年の生活習慣における、いくつかの要因が、発症に影響している可能性があると思います。運動や食生活を見直すことが、対応策の一つでしょうか。もしかしたら、今後、猫の食に対する考え方そのものが、見直される時が来るのかもしれません。